google-site-verification=4oCvVzznqMkRP3wCbc66nlH7cgTK1vivJ_6sySIhmVE

ギャンブル依存症、借金依存症でも幸せに生きる方法

20代前半 借金400万(任意整理で完済)→30代前半借金300万(親が返済)→30代後半 借金500万(親が返済)→40代 借金 270万(今ここ)ギャンブル依存症、多重債務者、借金依存症でも前向きに生きています。 

Tag:旅打ち

旅打ちの続き(パチスロ・パチンコ) ~その③~
JR宇都宮駅 外観

こんばんは! 

今日も一日お疲れ様でした。

僕はまだ仕事が終わっていませんが、会社の事務所で一人きりでブログを書いています

今週も残り二日頑張ります!!


旅打ちの話のパート③になります。

僕が22才頃に若いからこそ出来たギャンブル旅について書きたいと思います。

しばし、昔の思い出話にお付き合いください。


旅打ちの話パート② ↓ ↓ ↓ こちらからご覧ください



安住の地を求めて

パチスロ ニューパルサー

パチスロで喰える場所を求めて、車での旅打ちを始めた僕たちですが、旅打ち開始わずか1週間で手持ちの資金が底をつきそうに…


たまたま、見つけた出玉状況の良いお店で友人が万枚近くのコインを出したことで状況が一変しました


手持ちの資金が復活したことも良かったのですが何よりこのお店を中心に近隣の店舗を何店舗か見て廻ったのですが割りと出玉があるお店が多かったこともあり気がついた時にはこの地域を中心にパチスロを打つようになっていました

怪しい生活の始まり 男二人でラブホテル編

3d6b73421708de653025514e44c7dcf3_s

この地域を中心に打ち初めて1週間程度経過したころでしょうか


見知らぬ土地で、知らないパチンコ屋に行き、その地域にいるパチプロとの縄張り争いなど…⚔️



味方は二人だけ



毎日が緊張の連続でした…
 



いつしか、僕たちは男二人でラブホテルに入る関係に





というのは、




半分は作り話なのですが




実際の話としては、最初は駅前のビジネスホテルに宿泊をしていたのですが安いところでも一泊5000~6000円はしていたので流石に二人で宿泊費だけで1日10000円以上掛かってしまうのは厳しいという話になりました


そこで、二人で話合った結果、


「ラブホテルだったら安いんじゃない🏩?」

今なら、スーパー銭湯やカプセルホテル、マンが喫茶という選択肢もあると思いますが

当時はそういうところが無かったのかなぁ~ 

あまり覚えていませんが、その時僕たちが下した決断は

男二人でラブホテルに泊まる

という結論でした

地方ということもあり、ラブホテルが駐車場一体型のホテルが多かったのも車で稼働していた僕たちには都合が良かったのかも知れません


そんな感じである意味、見知らぬ土地での生活にもだんだんと慣れていくことができました


肝心のスロットの方は、当時のスロットは4号機全盛期でたくさんの機種がありましたが

好んで打っていたのは「HANABI」という台でした。

※パチンコ・パチスロに詳しくない方は申し訳ありません


続きはまた次回


借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パチスロ・パチンコ 旅打ち編 ~その②~
20代の思い出 旅打ち

旅打ちの話の続きになります。

僕が22才頃に若いからこそ出来たギャンブル旅について書きたいと思います。

しばし、昔の思い出話にお付き合いください。


旅打ちの始まりは ↓ ↓ ↓ こちらからご覧ください




捜索願を出されそうになった1年間の旅打ち

何の計画もなく始まった、旅打ち🎰


目的地も期間の制限も特になくあるのは、移動手段である友人の車と手持ち資金が二人合わせて10万~20万程度

東京を出発して、決まったのはなんとなく上の方(北)に向かうということだけ。


僕も友人もかなりいい加減な性格です


最初は数日間旅をして帰って来る

その位ゆるい感じの始まりだったと思います


旅打ちの最後からお伝えすると、本当に何の計画もなしに始まった旅打ちですが最終的に1年間の長旅となることになりました。

当時は実家に住んでいて数日間程度は家に帰らないようなこともしょっちゅうあったので一緒に住んでいた親にも何も告げることなく家を出ていました

旅の思い出、昔の思い出


後から両親から聞くことになる話なのですが、1年間の突然何の前触れもなく息子が家に帰って来なくなったということで両親は相当不安に思っていたそうです。


その時は携帯も持っていなかったので、今のように連絡をする手段も無かったことと若かったこともあり両親に自分から連絡を入れるということに対して何かしらの躊躇いがあり自分から連絡をするようなこともありませんでした。

身勝手に始まった1年間の旅打ちの期間に母親はニュースで身元不明の死体が発見されると

息子の死体ではないか?

と思って何度か警察に確認の連絡を入れていたようです。

毎日いつ捜索願いを出そうかと考えていたとのことです。

20年前も今と変わらずに両親に心配や迷惑をかけているのも本当に成長がないなと情けなくなってしまいます。


旅打ち 最初の1週間

旅打ちに関しては、最初の数日間は色々な場所に立ち寄りながら少しづつ場所を移動していきました。

わずか数日間ですはありますが、時間が経過すると同時に手持ちのお金もみるみる減っていきました

1週間もたたずに手持ちのお金は二人合わせて4~5万程度になってしまってしまいました。


勝ったり負けたりのスロットの収支に加えて日々の食事代や宿泊費などもかかるので二人合わせて最低でも一日1万円程度はかかってしまうような状況でした


奇跡的に友人が大勝をする
運で大金を手に入れる

最初の数日間で手元の資金を使いきってしまいそうなになった僕と友人ですが

東京を出発して埼玉、茨城、群馬と数日間の移動をしてたどり着いたのが餃子が有名な某都市でした🥟


20年も前の話になってしまいますが
茨城、群馬は出ているお店が極端に少なかったなーという印象が残っています

餃子が有名な某都市での生活の始まり

友人と二人で駐車場に車を停めて、視察で入ったのですが出玉感は今まで見てきたお店とは違い活気がありスロットの島もドル箱を積んでいる台が結構ありました💲

ここなら勝負ができるかもと思える店内状況でした

店内の盛況な出玉状況もあり友人とそのお店でスロットを打つことに決めました

空いていた台に、座った友人は数時間後に10000枚近くのコインを積んでいました

打っていた台は

記憶がうっすらですが

「キングガルフ」

という台だった気がします

20年前はいわゆる

裏モノ

Bモノ

といわれる通常の基盤とは違う違法に注射された台が全国のパチンコ屋にあった時代でした

旅打ちが始まって初めての大勝で手持ち資金を復活させることが出来ました

思えばここであっさり負けていれば旅打ちも短い旅で終っていたのだと思います

良かったか悪かったかは分かりませんが
結果的にこの時の大勝がきっかけで僕と友人の旅はこの時は想像もしていなかったほど長い旅のきっかけになりました


まだまだ話が長くなりそうなので、続きは次回に



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

借金しながら旅をして総額100万の借金を作った話


こんばんは!

世間は3連休ですが、皆さんどうお過ごしでしょうか?

僕は少しだけ、家族サービスで子供と外に遊びに出かけただけで3連休は終わってしまいそうです。

登録している、副業のアルバイトも仕事が入らず。。。

今月の計画が狂ってしまいました。



一度目の債務整理前に旅打ちをして借金100万増やしました

74c9737078e6f53f12f08595e4de519e_s


借金の原因をいろいろと考えているときに思い出した話を書きたいと思います。


僕が21か22歳ころだったと思います。

当時、パチプロを自称していた僕は毎日のように開店から閉店までパチンコ屋で過ごしパチンコが終わって夜~夜中、明け方にかけてナンパに繰り出すという日々を過ごしていました。

睡眠時間は2~3時間程度は当たり前。もう何年間もそんな生活を続けていました。

若かったことと、自分が好きなことをやっていたからこそ苦も無くそんな生活が出来ていたのだと思います。 

今だったら絶対無理ですね


ほんとうに些細なことがきっかけで始まった無計画なギャンブル旅

2d19bacf8f9ca99105117abb35f660ad_s

ある日、パチンコ仲間である友人と何時ものように繁華街での遊びを終えて車で自宅に帰る途中

「どっか行こうか?」

と本当に軽いノリで話をしたことがきっかけとなり、何時ものように遊んで帰った朝方にそのまま車で旅をすることに。

友人は一度自宅に戻り、簡単な着替えなどを詰め込んで車を出発させました!


旅の目的は、パチンコで勝ったお金で旅をすること


目的地も期間も何も決めていません


幸いにして、僕も友人も無職の自称パチプロ。時間だけはあります


パチンコでお金を稼ぐことだけは、少しばかりですが自信がありました。


実際に何度か、名古屋・京都・大阪などに短い期間で「旅打ち」に行き旅行にかかった費用分くらいは回収をして帰ってきた実績もありました。


旅打ちの条件

・移動手段:車(友人所有のセダン)

・人 数:2人(友人と僕)


・期 間:特に定め無し

・予 算:多分二人合わせて10万~20万くらい (正確に覚えてない)

・旅の目的:パチンコ・スロットで勝ってお金を稼ぐこと


本当に最初は映画「スタンドバイミー」の少年たちのように夏休みに子供たちだけで冒険に行く!

くらいの感覚でいつもより

わくわく

していたような気持ちでした
※知らない土地に行くって楽しいですよね

何となく地方に行った方が稼ぎやすいという考えがあったのだと思います。


さてどこに向かうか?


目的地も何も決めていない状態だったのでさてどこに行くかと思ったのですがちょいちょい西の方には行っていたので(僕は東京住みです)北の方に向かおうかという話になりました。

東京を離れて、まずは隣の県へ車を走らせました

ある程度、車で移動をしたらパチンコ屋を見つけてはお店に入り店内の出玉状況をチェックするということを何店舗か繰り返していきました。

当時は、インターネットも普及していなかったこともあり情報をネットで調べるということがなかったのでとにかく良さげなパチンコ屋を見つけては実際に自分の目で見てみるという感じでしたね。

効率が物凄く悪かったのと思います。

出玉が良さげなお店でちょっと打ってみたりもするのですが、無計画に立ち回りもせずに空いている台に座って打つ程度なのでもちろんそんな簡単には勝たせてくれません。

そんな感じで最初に1~2日は直ぐに経過してしまったと思います。



この話はちょっと長くなりそうなので次回へ続きます。



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ