パチンカス ギャンブル依存症の末路 友人編

397d3d0318b872b79740a62e2d4bb5c8_s


こんにちは!

皆様お疲れ様です。今日は久しぶりにオフィスでブログを書いています

最近現場に出ることが多く、なかなか一人になる時間がなくブログ更新が滞る原因になってしまっています

そんな感じでパチンカス、エピソードにはこと欠かさない僕ですが今日は僕のお馴染みの友人の話をしようと思います。

パチンカスのバブル時代

バブル時代のイメージ

僕の幼馴染の友人 Mくんの話になります。今からさかのぼること20年前。

パチンコ、スロットで稼げるネタを持っていた僕たちは20代としては十分な稼ぎを手にすることが出来ていました。

とはいえ、稼ぐためには一定の条件はクリアしなければならずパチンコ、スロットの立回りに関してはしっかりとしていた僕とルーズな感じのM

月に稼ぐ額としては2~3倍程の差があったと思います

そんな感じも収支としはそれなりに稼げる割とゆるい環境で生活をしていましたが、スロットは万枚は当たり前の爆裂機四号機時代

幼馴染みのMは立ち回りは運任せの部分もあり収支も安定しませんでしたがある時期に「SHAKE」という台で連日万枚を叩き出してわずか数日間で手元に100万近い現金を手にすることが出来ました

そのお金を元手に中古ではありますが現金でワンボックスの車を買っていました

サーフィンが趣味だったMがサーフボードを載せられるワンボックスカーを買ったことを自慢していた顔を今でも思い出します

その他にも服や時計、貴金属などもパチンコやスロットで稼いだお金だけで贅沢な生活が出来ていた頃です

思えば本当に好きなことだけをして生活することが出来ていた夢のような時期だったのだと思います

結婚式に招待をしたはずが、まさかの当日バックレ

c8c18c340ae63a68102deef52f9892fa_s

パチプロを卒業して10年弱経過したころの話

僕の結婚式の時のエピソードになるのですが数少ない友人の一人として結婚式の招待状をMにも送ることに

その当時はパチプロを卒業してサラリーマンとして働いていたこともありMとは連絡もほとんど取り合っていなかったのですが小学生からの友人で散々一緒に遊んできた腐れ縁のような仲なので当然結婚式に来てくれるものだと思っていました


当日までは…


結果的に結婚式で友人席の円卓のその一角だけ最後まで埋まることはありませんでした

いやー流石にびっくりしましたけどね…


結婚式を連絡も無しにバックレるって


別にいいんですよ、来ないのは!


来る来ないは、その人が決めることなので


ただ、事前に連絡をしてくれと…


招待状の返事くらいだせよと思うわけです


後日Mに連絡をすると、


ばつが悪そうに


「お金が用意出来なくて結婚式行けなかったわ」


と言われてしまいました

ちーん

ですね!

本音をいえば、ご祝儀なんかいらないから出席して貰いたかったんですけどね…

幼馴染みのからの10年ぶりの連絡はお金の無心


結婚式から約10年後、僕も無事40代になったある日のこと


「知らない番号から着信が📲」


電話に出てみると電話をかけてきたのは結婚式をバックレたお馴染みのMでした


もう何年も連絡をとっていなかったMからの連絡に驚きましたが、電話を取った直後に

「お金が無くて困っているからお金を貸して欲しい」

「家賃を滞納していてもうすぐ家を出て行かなければならない」

「お金が無くて引っ越しも出来ない」

「大家から追い込みをかけられている」

「車も売って、サーフボードも売ってもうこれ以上売れるものも無い」

「仕事をしたくても仕事がない」

「しばらくしたら纏まったお金が入るからその時にお金は必ず返す」


等々


流石にこんな僕でも話を聞いて情けなくなってしまいました。

お金が無い理由もギャンブルであることは聞くまでもなかったです

僕もお金に関しては相当ルーズで色々な人に迷惑をかけてきましたがちょっと僕と違うタイプというか…

僕の場合はサラ金には借りますが、自分から知り合いなどにお金の無心をすることはしてきませんでした

まぁ関係の無い人からしたら

どんぐりの背比べみたいな話なのかも知れませんが…

正直お金を貸すかどうかは迷ったのですが結果的にお金を貸すことにしました

「次は絶対に無いからね」

とMには伝えました!

ただ当然僕もそんなお金に余裕はないので何とか奥さんを説得してMへのお金を用意して指定された口座にお金を振り込みました

その後、この時貸したお金は半年間程度かかりましたが無事返済されました!

返ってくるとは思っていなかったお金ですが、無事僕の口座には振り込まれたですが僕が奥さんにそのお金を返していないことはここだけの秘密にしておきます㊙️

Mとの違い

幼馴染みのMも僕もギャンブル依存症の同じ穴のむじななのですが、上にも書いた様に僕とはちょっと違うタイプというか

具体的いうと
  • 時間にルーズ
  • 勝てると分かっていてもこない
  • 仕事が続かない
僕はお金にはめちゃくちゃだらしないですが時間はしっかりとしています!

基本パチンコに行く時は必要がある時は開店前からお店に並んで狙っている台を確実に確保出来るようにしていました。例え前日お酒を飲んでいようが寝不足だろうが遅刻をするようことはほとんどありませんでした。

Mに関しては、度々パチンコ屋の開店時間になっても来ないことがありました。

一番状況が良いときは本当に朝イチで店に行っていくつかの手順を踏むことによってスロット関してはほぼ100%勝つことが出来るような状況でした

それも1日打てば5~10万くらいの金額は勝てていた時代です

そんな素晴らしい状況にも関わらず朝一に来ない

しかも、よく

「お金がない」

と言っている

いやいやいや~

朝からちゃんとお店に来ればある程度の金額は稼げるのに!


何度かはMにアドバイスをしたのですが、その後もあまり変化が無かったので何時しか言うのをやめてしまいました

当時からそんな幼馴染みのMの行動は僕には理解が出来ませんでした

あと、幼馴染みのMと僕との決定的な違いは「仕事」に関して

Mは昔から仕事が長く続かなかった

何かことがある事に不平や不満を漏らして結果的に仕事を辞めてしまうM

話を聞くと暫くは某携帯メーカーの工場で派遣社員として、そこそこ長く働いてリーダー的な役割も務めそれなりの給料を貰って働いていたらしいのですが

メーカーが不況になり派遣切りをされてしまったようです

その後は日雇いの派遣などをしていたようですが年齢的なこともありなかなか仕事が見つからないと


「知らない人と話すのが苦手」

「年下にこき使われるのが嫌だ」

というようなことを言っていましたが


今、そんなことを言っている場合じゃないだろ!

と思わず、普段は人のことに口を出さないようにしている僕でさえ言ってしまいました

このままだと、本当にあと何年後かには野垂れ死んでしまうんじゃないかという思いさえしていましました

ただ、これは自分の経験でわかっていることなのですがここで誰かが甘い言葉をかけて彼を助けてあげたとしてもまたいつか同じような結果になってしまうことを

結局自分で何事も決めて、行動を変えていかないと明るい未来は切り開くことができません

まとめ

パチンカスの末路は如何だったでしょうか?

お金が無くて幼馴染みの結婚式も行けず、40才を過ぎて住んでいる家も出て行かなくてはならない

仕事も長く続けることが出来ない


僕はギャンブルでも何でもいいのでとりあえず、やるからには一生懸命やることが大事だと思っています。

めちゃくちゃギャンブルで一生懸命やって結果マイナスになってしまっていてもその経験はどこかで生きてくるものだと思っています。

中途半端にやるのが一番よくない

という感じて、時間が無くなってきてしまって中途半端な感じの終わりになってしまいますがまた次回宜しくお願い致しますm(_ _)m



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村