google-site-verification=4oCvVzznqMkRP3wCbc66nlH7cgTK1vivJ_6sySIhmVE

ギャンブル依存症、借金依存症でも幸せに生きる方法

20代前半 借金400万(任意整理で完済)→30代前半借金300万(親が返済)→30代後半 借金500万(親が返済)→40代 借金 270万(今ここ)ギャンブル依存症、多重債務者、借金依存症でも前向きに生きています。 

Category: 20代 前半編

旅打ちの続き(パチスロ・パチンコ) ~その③~
JR宇都宮駅 外観

こんばんは! 

今日も一日お疲れ様でした。

僕はまだ仕事が終わっていませんが、会社の事務所で一人きりでブログを書いています

今週も残り二日頑張ります!!


旅打ちの話のパート③になります。

僕が22才頃に若いからこそ出来たギャンブル旅について書きたいと思います。

しばし、昔の思い出話にお付き合いください。


旅打ちの話パート② ↓ ↓ ↓ こちらからご覧ください



安住の地を求めて

パチスロ ニューパルサー

パチスロで喰える場所を求めて、車での旅打ちを始めた僕たちですが、旅打ち開始わずか1週間で手持ちの資金が底をつきそうに…


たまたま、見つけた出玉状況の良いお店で友人が万枚近くのコインを出したことで状況が一変しました


手持ちの資金が復活したことも良かったのですが何よりこのお店を中心に近隣の店舗を何店舗か見て廻ったのですが割りと出玉があるお店が多かったこともあり気がついた時にはこの地域を中心にパチスロを打つようになっていました

怪しい生活の始まり 男二人でラブホテル編

3d6b73421708de653025514e44c7dcf3_s

この地域を中心に打ち初めて1週間程度経過したころでしょうか


見知らぬ土地で、知らないパチンコ屋に行き、その地域にいるパチプロとの縄張り争いなど…⚔️



味方は二人だけ



毎日が緊張の連続でした…
 



いつしか、僕たちは男二人でラブホテルに入る関係に





というのは、




半分は作り話なのですが




実際の話としては、最初は駅前のビジネスホテルに宿泊をしていたのですが安いところでも一泊5000~6000円はしていたので流石に二人で宿泊費だけで1日10000円以上掛かってしまうのは厳しいという話になりました


そこで、二人で話合った結果、


「ラブホテルだったら安いんじゃない🏩?」

今なら、スーパー銭湯やカプセルホテル、マンが喫茶という選択肢もあると思いますが

当時はそういうところが無かったのかなぁ~ 

あまり覚えていませんが、その時僕たちが下した決断は

男二人でラブホテルに泊まる

という結論でした

地方ということもあり、ラブホテルが駐車場一体型のホテルが多かったのも車で稼働していた僕たちには都合が良かったのかも知れません


そんな感じである意味、見知らぬ土地での生活にもだんだんと慣れていくことができました


肝心のスロットの方は、当時のスロットは4号機全盛期でたくさんの機種がありましたが

好んで打っていたのは「HANABI」という台でした。

※パチンコ・パチスロに詳しくない方は申し訳ありません


続きはまた次回


借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パチスロ・パチンコ 旅打ち編 ~その②~
20代の思い出 旅打ち

旅打ちの話の続きになります。

僕が22才頃に若いからこそ出来たギャンブル旅について書きたいと思います。

しばし、昔の思い出話にお付き合いください。


旅打ちの始まりは ↓ ↓ ↓ こちらからご覧ください




捜索願を出されそうになった1年間の旅打ち

何の計画もなく始まった、旅打ち🎰


目的地も期間の制限も特になくあるのは、移動手段である友人の車と手持ち資金が二人合わせて10万~20万程度

東京を出発して、決まったのはなんとなく上の方(北)に向かうということだけ。


僕も友人もかなりいい加減な性格です


最初は数日間旅をして帰って来る

その位ゆるい感じの始まりだったと思います


旅打ちの最後からお伝えすると、本当に何の計画もなしに始まった旅打ちですが最終的に1年間の長旅となることになりました。

当時は実家に住んでいて数日間程度は家に帰らないようなこともしょっちゅうあったので一緒に住んでいた親にも何も告げることなく家を出ていました

旅の思い出、昔の思い出


後から両親から聞くことになる話なのですが、1年間の突然何の前触れもなく息子が家に帰って来なくなったということで両親は相当不安に思っていたそうです。


その時は携帯も持っていなかったので、今のように連絡をする手段も無かったことと若かったこともあり両親に自分から連絡を入れるということに対して何かしらの躊躇いがあり自分から連絡をするようなこともありませんでした。

身勝手に始まった1年間の旅打ちの期間に母親はニュースで身元不明の死体が発見されると

息子の死体ではないか?

と思って何度か警察に確認の連絡を入れていたようです。

毎日いつ捜索願いを出そうかと考えていたとのことです。

20年前も今と変わらずに両親に心配や迷惑をかけているのも本当に成長がないなと情けなくなってしまいます。


旅打ち 最初の1週間

旅打ちに関しては、最初の数日間は色々な場所に立ち寄りながら少しづつ場所を移動していきました。

わずか数日間ですはありますが、時間が経過すると同時に手持ちのお金もみるみる減っていきました

1週間もたたずに手持ちのお金は二人合わせて4~5万程度になってしまってしまいました。


勝ったり負けたりのスロットの収支に加えて日々の食事代や宿泊費などもかかるので二人合わせて最低でも一日1万円程度はかかってしまうような状況でした


奇跡的に友人が大勝をする
運で大金を手に入れる

最初の数日間で手元の資金を使いきってしまいそうなになった僕と友人ですが

東京を出発して埼玉、茨城、群馬と数日間の移動をしてたどり着いたのが餃子が有名な某都市でした🥟


20年も前の話になってしまいますが
茨城、群馬は出ているお店が極端に少なかったなーという印象が残っています

餃子が有名な某都市での生活の始まり

友人と二人で駐車場に車を停めて、視察で入ったのですが出玉感は今まで見てきたお店とは違い活気がありスロットの島もドル箱を積んでいる台が結構ありました💲

ここなら勝負ができるかもと思える店内状況でした

店内の盛況な出玉状況もあり友人とそのお店でスロットを打つことに決めました

空いていた台に、座った友人は数時間後に10000枚近くのコインを積んでいました

打っていた台は

記憶がうっすらですが

「キングガルフ」

という台だった気がします

20年前はいわゆる

裏モノ

Bモノ

といわれる通常の基盤とは違う違法に注射された台が全国のパチンコ屋にあった時代でした

旅打ちが始まって初めての大勝で手持ち資金を復活させることが出来ました

思えばここであっさり負けていれば旅打ちも短い旅で終っていたのだと思います

良かったか悪かったかは分かりませんが
結果的にこの時の大勝がきっかけで僕と友人の旅はこの時は想像もしていなかったほど長い旅のきっかけになりました


まだまだ話が長くなりそうなので、続きは次回に



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20代の頃、任意整理を体験して分かったこと
借金の相談を弁護士にしている

こんばんは!

今日は少し昔のことをブログに書きたいと思います

僕が20代の前半の時にギャンブルが原因で作った借金で首が廻らくなり「任意整理」をした時の話になります。

その当時の僕と同じ位の年齢で今借金で困っている人・苦しんでいる人がいたら少しでも参考になればと思います。

個人的なの意見としては、若い年齢でどうしても近い将来に家などのローンを組まなければならないという条件が無ければ今すぐにでも「任意整理」をすることをお勧めします。


任意整理のメリット・デメリットとは
借金で自宅を差し押さえられる




  • 一定の期間ローンが組めなくなる
  • 借金が大幅に減るわけではない
  • 借金が無くなる、免除されるわけではない
専門家ではないので、詳しいことは分からないのですがあくまでも僕が自分で経験・体験をして感じたことだが「任意整理」をしたことによってその後20年間近く経過しますが日常生活に支障が出るようなことは一切ありませんでした。


「一定の期間ローンが組めなくなる」

キャッシングに関しては僕も債務整理の対象になったサラ金からは流石に今だに借りようとしたことはありませんが一般的に債務整理後5年程度は信用情報機関に履歴が残るので借入は出来ないと言われていますが任意整理をして完済後、3年経過したくらいでカードローンも普通に審査が通りました。

大手のサラ金は難しいと思いますが、中小のサラ金なら任意整理後でも新たな借入が出来るところは実際にあると思います。 ←お勧めはしませんが…

余談ですが、

大手のサラ金でお金を借りれなくなると、必然的に借入先は中堅のブラックOKなどの独自審査のノウハウを持つサラ金に流れることになります。

審査の際に、借入先としてそういったサラ金の名前を出すと担当者には一発で過去に「金融事故」を起こした人物だと分かってしまいます。

僕の現状でいうと、ブラックOKというサラ金でさえ審査が通らなくなってしまいましたが…

ただ、闇金だけには手を出してこなかったことが救いだったと思います。


「借金が大幅に減るわけではない」

自己破産と違い、借金が無くなる訳ではありませんがそれでも「債務整理」をすることによって「利息」が無くなる、ことが最大のメリットなのだと思います。

多重債務や多額の借金をしている人のほとんどは毎月返済をしてもそのほとんどが利息の支払いに廻ってしまい結果、元本が減らずに何年も借金で苦しんでいるのが現状です。

返済した金額が全て元本の返済に充てられるというのは精神的にも非常にいいと思います。

その他にも、弁護士などの第三者が入ることによって「ちゃんと返済をしようと!」という気持ちにもなることが出来ました!サラ金からの督促の電話が何回も来たら普通の人は電話になど出れなくなってくるものだと思います。

借金をしている人は自分一人で抱え込んでしまっている人が多いと思うので第三者の目が入るのは非常に良いことだと思います。


僕の場合は、借金が親にばれて半強制的に弁護士に相談を行くことになりましがもし今借金で苦しんでいて誰にも相談を出来ないような環境で悩んでいる人がいたら是非勇気をもって相談に行くことをお勧めします。


借金で自宅を差し押さえられる

安心して、ください! お金以外は取られることはないので(返すだけですが)

こんな僕でも20代前半で400万近くになっていた借金を債務整理で250万程度にまで減額をして貰い、ほぼ支払いが遅れることなく2年間で返済をすることが出来たのでやれば確実になんとかなると思います。

僕は債務整理中もパチンコやスロットを辞めることが出来ずにいたので給料を貰って返済をしてお金が無くなった時は会社に前借もよくしていました。廻りからは未だに相当お金にダラシノないやつだとレッテルを貼られてしまっています まあ今はそれを逆にネタにしています。

一人暮らしをしている人などは家賃などの固定費もかかってくるので返済は簡単なことではないと思いますが、例えば実家に帰れる等の選択肢があれば返済期間中は家賃のかからないところに行くなど出来ることは最大限やって借金をとにかく全額返済することをお勧めします。


20代の若い時なら、体力もありまし結婚をして子供もいなければ何とかなる可能性が高いです。僕のように働いて家族も出来てお小遣いでお金を管理されてしまう前に何とかしておいた方が良いと思います。

自分一人で問題を抱え込んでしまうと、大抵悪化していってしまうものだと思います。


借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村











このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クレジットカードをハサミで切る

25才の時に、借金を全額返済して綺麗な身体になれました

初めての債務整理が23歳の時だったと思います。

それから約2年間毎月の支払いが12~13万を雨の日も風の日も毎月振込みを続けました。


初めて働いた仕事のお給料も最初は25万からスタートした給料でしたが徐々に仕事を認めて貰い

半年後には5万円UPの30万円、その半年後には更に5万円UPの35万の額面の

お給料を貰うことが出来ることになりました。


その他にも業績給で年に2~3回ボーナスと決算賞与も合計で100万円近くは

あっとこともあり結果的には任意整理をした金額250万を約2年間かけて

めでたく無事に完済することが出来ました。


当時は実家暮らしだったことやあまり保険や年金のことなどは知識もなく

仕事が水商売だったということもあり給料は所得税以外はひかれないような形だったと思います。

※後々知りましたが、この期間の年金は両親が払ってくれていたようです


無事に返済と書きましたが、後半の方で何度かは支払いが遅れて弁護士事務所から連絡が来たのを覚えています。

借金は無くなるもギャンブルはやめられず

スロットイメージ

僕はこの時もギャンブルを辞めることが出来ずにいました


サラ金からは債務整理中の身でお金は借りることは出来ないので何時も会社に前借をすることも多かったと思います。


会社には借金のことは隠さずにいたのでその辺は気が楽でしたね。


基本的に給料が入ったら、借金の支払い、前借分があれば前借分の精算その後ギャンブルをやるという流れは変わっていませんでした。


ただ、その時は働いているたので長時間のギャンブルは基本的に土日のみしか

出来ないことと借金の大半を作った原因の競馬をやることはなくなっていたので

何とか借金を2年間で返すことができました。


それでも2000年頃の話ですが、出勤時間が割と遅い仕事だったので出勤前にパチンコに行ってお金をすってしまうということがよくありました。

出勤前のわずか2~3時間でも当時は爆裂機全盛期だったのでそれなりの額を負けてしまうこともありました


何だかんだで借金を返済する


25歳の誕生日を迎えるころには借金が全額無くなり

成人になってから初めて綺麗な身体になることができました!!


なんだかんだあったにせよ2年間で良く250万円の借金を返せたなと思います。


独身だったのも大きいんでしょね。。。

もう借金をしないと心に誓ったはずなのに

その後自分が同じ過ちを何度もすることになるとはこの時は夢にも

思っていなかったと思います。



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

借金を積み重ねている

こんにちは!

20才から始まった、借金生活。

その後、人生で初めて任意整理をするまでの話になります!


二十歳頃から始まった、借金生活。気が付けば借入金額400万程度まで膨らんでいたと思います。

月々の支払額は気が付けば利息の支払いだけで10万近くになっていました。
※ショッピングのカード枠も利用した時は最大で月40万の支払いの時もありました🤪

グレー?(ブラック)なこともやりながらも何とか金策を行っていましたが


次第に支払いが遅延するように…


今でもそうですが、借金のことは絶対に両親にばれたくないと思っていました

59e9ead672603212d63b881e9e2ef7bc_s

その当時実家暮らしだった僕としては一番恐れていた実家に連絡がいくことになってしまいました。


借金をするということは嘘をつく人生の始まりかもしれません

なんせ、何年間も仕事をしていると親には嘘をついて実際にはパチプロ屋に入り浸っているという生活だったので

借金がばれることによって今までついてきた嘘が幾つもばれるという状況でした。
※たまに近くのパチンコ屋で親父に遭遇することも😲

借金取りが実家に来てしまいました

恐らく結構な期間支払いが遅延してたのでしょう。結果的に支払いの督促に実家にまでこられるはめに!
※もう電話とかはフルで無視していたので当然ですよね

たしか、実家に来たのは

丸井のカード

だったと思います。


そのことがきっかけで親にも当然、借金のことが全てばれて結果的に親の勧めで弁護士に相談をすることになりました。

弁護士に相談をしてからは話が早く進んでいくことになりました。

当時の話の詳細な内容はよく覚えてはいませんが弁護士と話をして自分が選んだ選択肢は


任意整理

でした。

借金が原因だと任意整理等出来ないという話も聞いたことがありますが経験上問題なく出来ると思います。


今思えば、その当時のことを覚えていないということはやはり借金をしたことや
廻りに迷惑をかけたことなど本当の意味で反省をしていなかったのだと思います。


任意整理をして、400万近くあった借金を交渉によって250万程度にまでは減額をされることになりました。


借金返済のために生まれて初めて定職につく

自分はそれまでは、定職に就いたことがありませんでしたが弁護士がカード会社やサラ金会社と決めた月々の支払をする為に初めて就職をすることになります。


学歴も何もない自分が出来る仕事。


アルバイト雑誌からとにかくお給料の良い仕事を探すことにしました。

月々の支払いが12万(約2年で返済予定)

その時は実家に住んでいたので家賃負担はありません。

目にとまったのは、水商売。社員待遇で月額25万スタートという内容でした。

保険や税金のことなど考えていない時代でしたので25万の給料があれば

月に12万程度の返済は可能だろうと考えました。


そこからは若さ故に行動は早く早速一番条件の良さそうなお店に応募をしました。

しかしならが、1件目のお店は面接にはいきましたが結果不採用という結果に

なってしまいました。


初めての夜の商売のお店ということで緊張しながら面接に行ったのを覚えています。

それからほどなく、2件目の面接に行き1件目のお店とは違いアットホームな感じの

お店に面接に行くことになりました。


面接から数日後、無事面接をクリアーし社員として働くことが出来るようになりました。


後日談ですが、そのお店の責任者の方から実は自分の前に一人採用をしていたが

その人が数日でバックレて仕事に来なくなってしまった為次点にいた自分に採用の

連絡をしたということでした。


今思い返すと借金をしたことは別として当時の任意整理という選択肢は間違っていなかったのでないかと思っています。


しかし、まだまだこれから僕の波乱万丈な借金人生は続いて行きます。



借金全額返済まで応援よろしくお願いいたします!



債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20歳から始まった借金人生 

借金に苦しんでいるイメージ

こんにちは!

僕の長い借金人生の始まりになった頃の話をしたいと思います。


最初に借金をしたのは僕が20歳の頃、今から20数年前。当時は今のように総量規制もなく無職(パチプロを自称していました)の

自分でもあの手この手を使い最終的に400万円(ショッピング枠含む)の借入をすることが出来ました。

今思うと仕事場への在籍確認もざるのように甘かったなぁと思います。


主な借入先

複数のクレジットカード キャッシュカード


・アコム
・プロミス
・アイフル
・レイク
・丸井
・セゾンカード


武富士もあったかな~? 

ちょっと記憶が曖昧な部分も多くあるのですが、今から20年ほど前のサラ金で大手と言われているところはほぼ全てから借り入れをしている状態でした。

駅前にある、サラ金ビルを何度も行き来してましたね


他にもあったかもしれませんが、、、

結果的に20才でサラ金から初めてお金を借りてからわずか2~3年でパンク状態になってしまいました。

実質無職の若者の借金総額が400万超。


完全に終わってる


総量規制前の利率なので年率が29.2%の時代です。


単純計算で

借入 4,000,000円 
 
年利息分 1,168,000円

月にすると利息だけで97,333円

という金額になります。


今でも金銭感覚は狂っていると思いますが当時も借金の返済が廻らなくなる結構末期の状態になるまで何も考えることなく借入を続けていました。

当然の如く、限度額は常に一杯で返済をしては空き枠を返済に廻すという自転車操業になっていました。

苦しい苦しい自転車操業を1~2年してとうとう借金でくびが回らない状態になりました



この話の続きはまた次回ブログに書きたい思います。



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します。



債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ