借金依存症が20年間続けた金策方法

146ced9d6124e39c218c5d5e73d2cbdf_s

こんにちは!

今週も始まりましたね~ また一週間宜しくお願い致します

今日は何の日かといいますと僕にとっては、本日毎月15日は金融機関への支払日となっております。

タイトルにある通り、今日が支払日なのに財布にお金がありません。
(というか、どこにもないのですが)

支払があるのにお金が無いって困りますよね


今日は僕がやっていた、支払日にどうしてもお金が無かったときにやっていた事を紹介致します。
※おすすめは致しません

借金依存症の僕が実践をしてきたことなのでこの方法をやると借金は雪だるま式に増えていきます。

あくまでもその場を何とかしのぐ方法なので、こうはならないぞという反面教師として参考にしてください


借金依存症が実践してきた、緊急時の金策方法

  • ギャンブル
ギャンブル依存症がギャンブルでお金を返すって?

と思われる方も多くいると思いますが僕が実践していたのは「スロット」をメインに立ち廻りを行っていました。

競馬に関しては、全くセンスがないのですが「スロット」に関しては若いころにスロプロをしてこともあり、ある程度勝つ為の知識や立ち廻りの方法は分かっているので負けることもあるのですが

「スロット」で勝ったお金で支払いや生活ををするということも実際に多くありました。

パチンコやスロット、特にスロットに関しては色々と条件はありますが努力次第で収支を「プラス」にできる数少ないギャンブルだと思っています。

  • 会社からお金を借りる
当然毎月スロットで勝てる訳でもなく、数か月に一度はどうあがいてもお金がない。スロットをやる為のお金も捻出出来ないという状況になります。

そうした時は、僕の場合は会社に
「前払い」の申請を行っていました。

大きな会社ではないので、「前払い」のちゃんとした制度があるわけではないので流石に毎月「前払い」をするわけにもいかず、

上司に小言を言われるのでタイミングを見ながらこっそりと申請を出していました。

ここら辺は、会社からの信用・信頼などを気にする人は難しいのかなとは思いますが僕の場合若いころからギャンブルをやっていてお金の管理ができないやつだ!

という不名誉なレッテルを貼られてしまっているので良くも悪くもこの年になっても「前払い」をしてしまっています。

このことについても、奥さんにばれて

「いい年になって、恥ずかしくないの?」

「私だったら絶対恥ずかしくてできない!」

と言われてしまいました。

ごもっともなことなのですが

「俺は、全然別に恥ずかしないから」

と心の中で思いながら詰められていました‌

会社にお金を借りることがよいことだとは思いませんが、「前払い」は自分の働いた分の給料を担保にしているので全く知らないところから利息を取られて借りるよりもプライド云々を考えなければとりあえずの金策としては一つの手なのかなと思っています。

  • 契約者貸付制度
これも度々、ブログで話をしているのですが制度としては非常に簡単で有難い内容になっています。
既に振込済みの保険料に対しての貸付なので特に審査などなく所定の場所に行き手続きをすれば20分程度で現金を手にすることができます。

一番の魅力は、金利が低いこと。僕が利用して契約者貸付けは年利2%ほどだったと思います。

ただし、借りやすさの反面、繰り返していると借りることに対しての心理的な敷居が低くなってしまい結果的に限度額近くまで借り入れを行ってしまいます。

金融機関のように、支払日という概念がないので僕の場合は結局10年近く契約者貸付制度を利用していましたが記憶にある限り一度も返済をしていないと思います。

利息も少ないこともあり常に貸付可能金額の中でやりくりをできることになります。

  • 新規の借り入れ先を見つける
総量規制の対象範囲内

支払い遅延がなく

直近で大きく借り入れをしていないなどの条件がそろっていれば新規の借り入れ先を作るということも何度もやってきました。

多重・多額に債務がある人の場合、

大手サラ金 → ネットで出てくる中堅サラ金 → 名前も聞いたことが無いようなサラ金業者

と巡っていくことになると思いますが決して「闇金」と言われるているところだけからは借り入れを絶対にしないでください。

僕も本当にどこからもお金が借りられずに返済に困り、何とかしなければと追い詰められているときに

新宿の街を歩いて、お金を貸してくれそうなサラ金を探していて自分でもここは絶対に怪しいだろうなという雑居ビルに入っているサラ金に審査をして貰ったことがあります。

結局そこも審査落ちしてしまったのですが、その頃の自分はほんとにあと一歩で「闇金」の入り口に足を踏み入れるところまで来ていたのだと思います。

今でも何とか、生きていられるのもギリギリのところで最後の一歩を踏み出さなかったからと思っています。


返済の為に新たな借金を作るよりも何とか借金をしないで行く方法を考える

犯罪を犯すくらいなら借金を作った方がましかとは思いますが、返済の為に新たな借金を作るということに関しては借金を減らすということに対して一つも改善には繋がらないということ。

借金をする人はまた借金を繰り返すというループを抜け出すためにはお金を借りるという以外の

対策を考えなければまた明日も来月も来年も生活は苦しいままです。


僕はその場しのぎの金策を20年間続けてきました!

その間、上に書いていないことも含めて様々なことをやってきました。

そんな僕からひと言!

今月の支払いが苦しい、厳しいからと言って安易に借り入れを増やしてはダメだということ。

就職する、転職する、副業する なんでもいいから現在との違いを考えてみてください。

生活のパターンが変わらないと、基本的な支出も収入も変わらないです。

待っていたら誰かがやってくれる!

ということも絶対にありません。


自分で何とかするしかないです!


とっ僕もいつも自分に言い聞かせています。

きつくて、苦しい時もあるけどもうそこは頑張るしかないですよね

今大変な人がいたら、一緒に頑張りましょう

ということで僕も今月は新たな借り入れを絶対にしないよう頑張って行きたいと思います。



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村