人生二度目の日雇い派遣、褒められたけどめっちゃきつかった話
副業

こんばんは!

今日は頑張って、何とか二度目の日雇い派遣に行ってきました!

まだ生活のリズムになれていないので、土曜日のこの時間でふらふらな状態です。

本日の日雇いのアルバイトの仕事内容は、 「ギフトセット作り」

時期的にお中元に送る商品という内容でした


いや~疲れましたね((+_+))


朝からトラブル続き

毎回違う現場に行くことになるので、朝家を出なければいけない時間をしっかりと調べていなかったこともあり指定の時間に出発をするバスに乗ることができませんでした。 結果的に最寄り駅からタクシーに乗ることになってしまいました

日雇いのアルバイトに行くのに朝からタクシーって、出勤するまえに一時間分の時給を無駄にすることが確定してしまいました

もうほんとに何をやってるんだかという感じです。

しかも焦ったのが、土曜日の朝の工場地帯近辺はタクシーがいない 結局10分くらいタクシーが捕まらずに近辺をうろうろしながらタクシーを探してしまいました。

しかも乗ったタクシーが道を間違えて、遠回りする結果に。


そんなこんなでようやく目的の工場についたのですが、今度は待ち合わせに指定された場所がなかなか見つからず悪戦苦闘するはめに。

もうこの時点で結構焦っていたので最終的に派遣会社に連絡を入れて何とか就業開始時刻の5分前には待ち合わせの場所に到着することができました

工場に入ると、先に到着している人たちは今日の業務の説明を聞いていました。

僕は一番最後に説明を聞き、工場のラインに入ることに。


本日の僕の業務は!


パレットへの積み込み作業となりました。

ここら辺は、実際に積み込み作業などを経験したことがある人はイメージがつくのだと思いますがとにかく皆で一生懸命詰め込んだ商品(今回はジュースでした)を最後にパレットの上に重ねるという内容でした。

僕も始めての作業だったので知らなかったのですが、

一緒に作業をしていたベテランのお兄さんが

「この作業がこの現場で体力的に一番大変な内容だよ!」教えてくれました。

僕も実際に一時間位積み込みをしていたら途中から腕の感覚がなくなってきてしまいました。

多分重さ的には4~5キロ程度だとは思いますが、ひたすらジュースの入った段ボールの箱を持ち上げていると相当な体力を使うことになります。

基本的には午前と午後で担当を変えることが多いらしいのですが、その日の現場の責任者の判断次第では午後も同じ作業になる可能性があると。

いや、普通にこの作業を午後もするのはきついでしょ!

僕よりももっと若くて、ガタイもよいのがたくさんいるのだからその辺も考えて配置をして欲しいですよね。

あと、きつかったのは午前中は3時間の仕事だったのですが一度も水分補給ができませんでした。

日頃ほとんど汗をかかない僕でさえ、結構な汗をかいていました。

一緒にやっているベテランのお兄さんもしきりに喉が渇いたと話していて、万が一熱中症にでもなったら労災だと愚痴をこぼしていました。

そんなこんなでへろへろになりながらもなんとか午前中の作業を終えてようやく昼休憩になったのですがなんとこの現場は食堂がない

派遣会社からのメールで昼食は持参と書いてあったのですが、前回の現場はコンビニや食堂などがあったので今回もてっきり何かしら食事が出来るところがあると思っていたのすが今回の現場は食堂などは無くしかも近くにコンビニもありませんでした。

万が一、午後も同じ作業になることを考えると昼飯抜きになると本当にしんどくなってしまうのでやばいなと思ったのですが休憩所の近辺を探すと

カップラーメンやパンが売っている自動販売機を見つけることができました。


カップラーメンを見つけて、こんなに嬉しかったことはないですね

助かりましね~

カップラーメンを購入して、休憩室にあるポットでお湯を入れて待つこと


3分


ようやく昼飯にありつくことができました!


そしてカップラーメンを食べようとすると


まさかのぬるい状態。カップラーメンが水につかっているだけの状態になっています。


くそ、まじか

ポットからお湯が出てなかったのか まったく気が付きませんでした。

いやでも、今ここで水につかった固いままのカップラーメンを口にいれなけば午後は相当きつい状態になってしまう。


もうこれは固かろうがなんだろうが、口に入れておくしかない。

休憩室にいた廻りの人は気が付いていたかどうかはわかりませんが、結局カップラーメンをぼりぼり音を立てながら食べることになってしまいました。

味としては、それほど不味くは無かったのですがなんか無性に空しい気分になってしまいました。

次回からは弁当持参で挑みたいと思います


体力的にも午後は同じ作業になるのは嫌だなと思っていたのですが、無事作業内容を変えて頂くことになりました。


「ほっ」 ものすごく安心しました


派遣をやっていて思ったことは同じ現場で同じ時給でも配置される場所によって大変さが全然違うのだということです。


実際に同じラインにいる人でも、一人の人は1か所のみの担当、別の人は2か所プラスさらに別の作業も行っている。

へたをしたら作業の大変さでいったら2~3倍くらいには違いがあると思います。

いろいろと偏りの出ないように工夫はしているのだと思いますが、そのあたりは働いている側からすると少し気になるところではなりますね。


一時間ほど早くあがることが出来ました


今日は土曜日で普段より、やることが少なかったらしく一時間ほど早く業務が完了しました。

こういった仕事っと早くあがってもちゃんと時給分は貰えるんですね

この辺は非常に有難いですね。


ラッキー!


でも最後に工場あるあるなのかも知れませんが、とにかく空いた時間は調整の為に掃除をする

なんか、みんなでひたすらほうきをもってうろうろする

という謎の現象を体験して本日の業務を無事完了することができました。


最後の落とし穴

定時の時間より、一時間ほど早く上がれたので良かったと思ったのですがいざ帰ろうとしたら最寄りの駅まで行くバスがない。

工場地帯の土曜日ということもあるのでしょうか、バスの本数が一時間に一本しか出ていない

もう、選択肢としては一時間バスを待つか、徒歩30分かけて歩いて最寄りの駅まで行くか

僕はすでにへとへとだったのですが、一時間はバスを待つ気力も無かったので結局徒歩で駅まで行くことにしました。


いやぁなんだかな~


こういったことを体験してしまうと、やはり日雇いのアルバイトの大変さを実感してしまいます。


まぁでもこれも経験と割り切って頑張りたいと思います。


借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村