ギャンブル依存症の治療のために精神科の病院に行ってきました

病院 STOP

こんにちは!

先日新宿のとある病院にギャンブル依存症の診断・治療の為に行ってきました

さらっと書きましたが、ギャンブル依存症の克服のために

病院に行く

という決断を出すために10数年かかりました…


自分がギャンブル依存症だと自覚を出来たのもまだほんの数か月前のことです。


色々と考えた結果、自分の力ではどうすることも出来ないことや今まで違うことをやらなければと思い病院に行く決断をしました。


ギャンブル依存症の病院・治療とは?

はじめに病院に行こうと思い、ネットでギャンブル依存症の治療を行っている病院を調べたのですが結構数が少ないことに驚きました。

電車で2時間以上かかるところなど専門の施設になると郊外・地方になってしまいます。


ギャンブル依存症の病院はなかなか繁盛しているようです


病院に行こうと思ったのがゴールデンウイーク前だったこともあるのか

ネットで調べた病院に電話をしたのですがことごとく予約が取れない

ほとんどの病院は当日予約を受け付けていないのと予約が取れる

のも早くて数日後になってしまいような感じでした。

10件ほど調べましたが、電話の段階で治療には

毎日通院してもらうことが条件など

なかなか働きながらでは通うことの難しい病院も幾つかありました。


当日予約が全てダメだったこともあり一番電話での対応が良かった

新宿の病院に4日後に予約を入れることにしました。

ギャンブル依存症の病院ってどんなところ?


ギャンブル依存症を扱っている病院のほとんどはアルコールや薬物などの依存症を扱っているのですが全体的にギャンブル依存症の窓口は少ないな感じました。

病院の待合室では、いかにもパチンコ屋にいそうなお兄ちゃんが

他の患者さんと話をしているのですが会話の内容が


お兄ちゃん:「僕は薬物中毒とギャンブル依存症なんですよ」

隣の男性:「僕はアルコール中毒です」

お互い:「これからよろしくお願いしますね」


という何ともここの場にふさわしい会話をしていてあ~こういう

場所なんだなと改めて感じました


精神科の病院に行くことはやっぱり抵抗がありますね‌ 


中毒や依存症などの治療にはグループワークでお互いに話をしていく

自助グループ的な活動が多く行われているということで

実際に自分も病院の先生に今までの経緯や症状を話をしたところ


病院に通うよりは各地域で患者が自主的に活動している

自助グループに参加をしてみてはということを提案されました。


時間帯が平日の夜20時~ なのでなかなか参加をすることが難しいのですが

今後依存症を克服する為には参加をしていかないとなと今は思っています。



借金全額返済まで応援を宜しくお願い致します♪


債務・借金ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村